2005/03/18

HD-H160LWG が届いたので設定&動作確認後、早速分解した。 主要部品はこんな感じでした。MIPSでよかった・・・ :)

プロセッサ79RC32H434-400BC
メインメモリHY5DU121622AT-D4364MB
フラッシュメモリMBM29PL32TM-90PFTN4MB
PHYRTL8201CP
IDEITE8211AF
USBuPD720101GJ

ハンダ面側のminiPCIに実装されている無線LAN、シールドはメイン基板のランドに 線材でハンダ付けされていました。あと下にUSBホストコントローラも見えます。

wlan.jpg

部品面側の写真、捺印が「SP100552CDW」となっている 詳細がよくわからないなぞなチップもあった。

hdhlwg.jpg

クロスコンパイルしたmipsel用のbusybox(telnetd)をコピーして telnetでログインしてみました。 LinkStationをHackしてきた先人の知識と E!Kit-1100で培った(笑)知識が役に立った。

telnet.png

しかし/lib/modulesの下には殆どモジュールが無かった。 いろいろ遊ぶにはカーネルソースを入手する必要があるな。


添付ファイル: filetelnet.png 446件 [詳細] filewlan.jpg 437件 [詳細] filehdhlwg.jpg 1007件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-04 (木) 23:00:39 (3610d)