LCD & Keypad Shield(Black Board)

LCD & Keypad Shield(Black Board)の情報です。

Keypadの状態はアナログ入力を使用してリードしている。 Keypad回路の電源は+5V(VBUS)、アナログ入力のリファレンス電圧は3.3V、 VBUSの電圧が変動すると正確な値が読めない。 外部電源で動作させることが望ましい。

keypad.png

回路図は ここにあった。 しかしR2が2.0KΩから2.2KΩに変更され、4.7KΩの抵抗が追加改造されていた。 この変更はFEZ Dominoのアナログ入力の範囲が0〜3.3Vである必要があるので スイッチが全てOFFのときにほぼ3.3Vになるようにする為のようです。 (けどどうせ改造するなら+3.3Vを使うように変更して欲しかった)

usb.png

FEZ Dominoの 回路図 をみると、VBUSで動作しているときはショットキーダイオード (STPS140A) 経由で+5Vが供給されるのでVBUSの電圧とショットキーダイオードの電圧降下 (実測値で0.45V)の影響があります。 特に高い電圧ほど影響が大きいので http://www.tinyclr.com/ で 公開されているドライバを使用してVBUSで動作させたら SELECTキーを押していないにも関わらず押していると認識 される時がありました。

外部電源でもVBUSでも(+5Vが4.5〜5Vまで変動しても)問題なさそうな 閾値に変更したドライバ


添付ファイル: fileFEZ_Shield_KeypadLCD_Black.cs 790件 [詳細] fileusb.png 550件 [詳細] filekeypad.png 523件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-18 (火) 00:50:49 (3131d)